『句読点、付けかたの鉄則』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ

 希望ヶ丘の個別指導塾ブログ:句読点はどこにつけるのか?

 

 

 

よくあるケース

 

 

 

句読点のつけ方に決まりはあるでしょうか。

 

読点(とうてん)のつける場所は決まって

 

いますよね。読点は「マル」のことです。

 

 

 

 

そうです、当然、文章の終わりです。

 

「マル」はじつに簡単なのですが、

 

句点(くてん)のような「テン」の付けかた

 

には厳しい規定があるわけではないです。

 

 

 

なので、テンにかんしては自由度が高い、

 

ということになります。

 

 

 

よく見るのが、たとえばこんな感じ。

 

『わたしは、法学部を志願しています』

 

という文章があるとします。

 

 

 

『わたしは』の後に付く、テンははたして

 

いるでしょうか?結論を言うとあっても

 

なくてもいいです。ほんとに自由なんです。

 

だから困るわけですね。

 

 

 

しいて言うと、

 

『わたしは、法学部を志願しています』

 

『わたしは法学部を志願しています』

 

を比較すると、何が異なるのか?

 

 

 

そこには印象の変化があるわけですが、

 

テンがつくと、『わたし』が強調されます。

 

テンがあると文章を読むことが一度、

 

立ち止まりますよね。

 

 

 

テンがないとスラッと、読めます。

 

だから強調されている気がしない。

 

テンは文章に境界線をつけることの意味が

 

あります。

 

 

 

だから、テンをつける部分には立ち止まる。

 

裏を返して言えば、わざと立ち止まらせて、

 

強調を置く意味があるのですね。

 

 

 

『わたしは』の『は』の部分には、

 

もともと主語を明確にする意味がるので、

 

特にテンをつける必要性がないわけですが、

 

もし、『わたし』を強調したいなら、

 

テンをあえて付ける、ということです。

 

 

 

テンをつけるなら、それがわかっていて、

 

テンをつけるべきですね。

 

わからないままに、テンをつけすぎると、

 

かえって文章のリズムが壊れます。

 

 

 

サラッと読んでほしいなら、

 

テンをつけない。立ち止まって強調したい

 

なら、テンをつけます。

 

 

 

つけ過ぎるかえって読みにくい

 

 

 

バランスが重要です。テンは息継ぎのような

 

ものなので、テンをつけすぎると呼吸が乱れ

 

ます。強調するポイントがブレる上に、

 

読み手のことを考えない文章になります。

 

 

 

プロの書き手にもテンがやたら

 

多い文章を目にするわけですが、

 

読みにくいことも承知の上での、

 

「テクニカル」と言ってもいいのでは

 

ないでしょうか。

 

 

 

文体は作家の命なので、独自性を発揮する

 

には、さまざまな工夫がされていると

 

考えましょう。

 

 

 

受験生はスタンダードな文章をこころがけた

 

方がいいですが、けっして無理はしない。

 

一歩まちがえると、テンは読みにくさの温床

 

になるので注意が必要です。

 

 

 

 

希望ヶ丘の個別指導塾  AO入試プロはこのようにアドバイスをします。

 

 

 

テンの呼吸法

 

 

 

強調のほかにどんな効用があるのでしょう。

 

テンは文章の「境界線」と言いました。

 

ですが、もうひとつ覚えておいてもいい効用

 

があります。

 

 

 

それは修飾語句を明確にすることです。

 

修飾語句とは、説明するためのかたまり。

 

 

 

『わたしのつけているコンタクトレンズは、

 

薄いブルーの色をしている乱視専用の特別な

 

加工が施された高価なものである』

 

 

 

修飾語句にカッコをつけてみます。

 

『わたしのつけているコンタクトレンズは、

 

(薄いブルーの色をしている)

 

(乱視専用の特別な加工が施された)

 

(高価な)ものである』

 

ということになります。

 

 

 

このカッコをつけた部分が、

 

修飾語句ですが、この部分には境界線が必要

 

になります。

 

 

 

なので、この部分にはカッコの替わりに

 

テンをつけます。

 

『わたしのつけているコンタクトレンズは、

 

薄いブルーの色をしている、

 

乱視専用の特別な加工が施された、

 

高価なものである』

 

 

 

『高価な』という部分に、

 

テンをあえてつけなかったのは、

 

修飾語句じたいが短いからです。

 

 

 

長い修飾語句にはテンをつけるほうが、

 

文章が読みやすいのですが、短い修飾語句に

 

かんしてはテンをつけないほうがいいです。

 

 

 

テンは境界線の役割を果たしますが、

 

長い修飾語句には有効な働きをしますが、

 

短い修飾語句には有効ではありません。

 

 

 

まとめ

 

 

 

テンのつける位置や回数は自由です。

 

ただ、あまりにもつけすぎると読みにくく

 

なることを想定しておいてください。

 

 

 

テンは文章の境界線なので、

 

テンがあれば、文章を読む際に立ち止まる

 

ことになります。なので、文章に「強調」を

 

つけたい場合は活用します。

 

 

 

そして、長い修飾語のかたまりを明確にする

 

場合は、文章の境界線をつける必要があるの

 

でテンを活用します。

 

 

 

テンをつけることは自由度が高いので、

 

じぶんの好みに応じてつけることができる

 

ます。ただし、あまりにも乱発してつけ

 

すぎると、バランスが崩れる危険性がありま

 

す。

 

 

 

プロの書き手は文体を自由に変更し、

 

文章に独自性をつけることが目的なので、

 

安易にマネしようとすれば、読みにくい

 

文章になるので、注意が必要です。

 

 

 

テンのつけ方にかんして手本にする作家は、

 

村上春樹です。この作家は思いつく文章を

 

いちど英訳し、それを和訳して文章を完成

 

させる手法をとると聞きました。

 

 

 

すると文章じたいが乾いたような文体に

 

生まれ変わります。日本語特有のネバネバ

 

した文体がいっさい排除されることを狙った

 

と考えられます。

 

 

 

好みはありますが、

 

初期の作品を呼んでみると、テンのつけかた

 

が絶妙であることを感じ取れると思います。

 

 

 

希望ヶ丘にある個別指導塾

AO入試プロのホームはこちら

 

 

 

"『句読点、付けかたの鉄則』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ"について、ちょっとした疑問がわいたら、
AO入試プロの「公式LINEアカウト」から質問をすることができます。
もちろん、懇切丁寧に対応させていただきます。進路に関する相談でもOKです。
うるさい案内を流すことはありません。必要がなくなったら「ブロック」していただいても構いません。
どうぞお気軽に登録してください!
友だち追加
Copyright © AOプロ入試 All rights reserved.