希望ヶ丘の個別指導塾「AO入試プロ」

2021年度作文コンクール受賞歴

合格
生徒
出身高校
東京都市大学付属高校
入塾した時期
2020年11月
人権問題に関するエッセイを受賞しました
合格後の声

受賞作品の全文

2018年2月5日早朝、ある病気に襲われた。病名は小児てんかん。その日から僕の日常は一変することになる。一ヶ月おきにある脳波検査と血液検査、毎食後の薬服用、薬の常時携帯など、こんな煩雑な日常をおくることになった自分の運命を憎んだ。別に誰が悪いわけでもない。なのに、その怒りを誰かにぶつけようとし、またその自分の情けない姿に怒りを覚える感情をなかば諦めている自分がいた。負のスパイラルが続き、僕はすっかり笑うことが無くなってしまった。
 新年度、まだ自分に合う薬が見つかっていなかったため強い睡魔に襲われ、今まで通りにはいかないことも少なくなかったが、なんとか学校には登校できるようになった。久しぶりの学校はやっぱり楽しい。友人と毎日たわいもないことでたくさん笑えるようになった。実のところ、はっきりとしたことは分からないが、その影響からなのか脳波の検査や血液検査などの数値が軒並み安定したことを素直に喜んだ。そのことが契機となり、小児てんかんの治癒に笑うことが何かしらの影響を及ぼすのではないか、という仮説を自分なりに調べることにした。そんな経緯からこの病気に思わぬ人権問題が絡んでいることを知る。
 主に衝撃を受けたのは次の二つである。一つ目は免許取得時や更新時における制限だ。2013年6月、正常な運転に支障をきたすてんかんなどの意識障害を伴う疾患の未申告による免許取得・更新の厳罰化を定めた改正道路交通法が公布された。同年十一月には特定の病気の影響で 起こしてしまった事故を危険運転致死傷罪に問える「自動車運転死傷行為処罰法」が成立した。これにより、てんかんを持つ患者は「運転に支障が生じるおそれのある発作」が二年間、起きていないことが免許取得の最低条件となった。しかしこれは差別の助長に繋がりかねないとして医療従事者などからは強い異論が出ている。二つ目は職業選択の際の制限だ。法律上、資格や免許の適性がないことを「欠格」というが、てんかんはこれに該当するため取得できない資格や免許が多くあったそうだ。現在では差別や偏見をなくすという観点から、航空機関連の免許や狩猟免許などに絞られ、かなり少なくなっているようだが、今から二十年ほど前までは美容師や理容師の免許取得も認められていなかった。先ほども述べたようにてんかんに対する差別や偏見をなくすべく、こうした制約がかなり取り払われてきている。てんかんは一般的に薬を服用すれば、8割ぐらいの人が抑制できる。また決められた期間服用を続ければ、7~8割のひとが治癒する。こうした医学的事実があるにも関わらず、これまで挙げたような差別があったのはなぜなのだろうか。 
 理由は、てんかんに関する正しい知識が社会全体で共有できていないからだと思う。そもそも、他者の病気なんて家族や親しい間柄でない限り、自分で調べようとも思わない。しかし、もし私たちが深刻な病気に罹患しているひとを目の前にしても、他者という存在を見る目線において、その人々を「異質」であるか「同質」であるかという判断を簡単にするべきではない。その代わりに、社会全体は病気に罹患している人々に対して「並存」していく意志を持つべきだろう。世の中には病気や障害を持ち、それを自分の個性と認めようと努める人々がいる。それは差別や偏見に対する激しい抵抗とは異なり、日常の中で病気と共に生きて、並存していこうと努力する人々を指すのではないか。それなら社会全体も同じような感度をもつべきだ。この姿勢こそがお互いの人権を認め合うということに繋がるのだと思う。それが理想論で終わらないためにも、まず私たちは情報に対してもっと敏感になるべきだろう。そして正しい情報を整理し、それを確実にストックすることが必要だ。しかし、社会は鮮度の良い情報ほど惑わされやすいところがある。今回のコロナ禍では、SNSによるフェイクニュースが即座に出回り、少なからず社会全体が混乱することも経験した。コロナに罹患した人々が差別や偏見にさらされないためにも、この問題を他人事にしてはいけない。
 病気に罹患している人々に対して「異質」なのか「同質」なのか。こういった二分法に安易に頼らないためには、どれだけ正しい情報を社会全体で共有できるかにかかっている今回、僕が小児てんかんという病気に罹患したことで、そういう立場からしか見えない大切な本質が見えた気がする。人権問題は古くて新しい問題だ。過去から学ぶことも多く、その時代の社会状況によっても新しい局面をむかえる。そのたびに形が変わりながらこの問題と常に向き合うことになる。だからこそその都度私たちは発信していく必要があるのではないだろうか。大小に関わりなく、すべての声を明日以降の未来にむけて―。

合格後の声
合格
生徒
を受賞しました
合格後の声

受賞作品の全文

合格後の声
合格
生徒
を受賞しました
合格後の声

受賞作品の全文

合格後の声
"2021年度作文コンクール受賞歴"について、ちょっとした疑問がわいたら、
AO入試プロの「公式LINEアカウト」から質問をすることができます。
もちろん、懇切丁寧に対応させていただきます。進路に関する相談でもOKです。
うるさい案内を流すことはありません。必要がなくなったら「ブロック」していただいても構いません。
どうぞお気軽に登録してください!
友だち追加
Copyright © AOプロ入試 All rights reserved.