『16歳からの決断力育成法』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ

『決断は人生を変える』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ

 

 

 

この記事を読むには勇気がいります。

 

あなたが「空気を読まない人間」になる

 

可能性があるからです。

 

でも、「後悔しない人間」になれる可能性も

 

この記事には秘められています。

 

この記事ではシンプルな方法で16歳から身に付く

 

『決断力』が手に入るように書きました。

 

身の回りにある多くの変化や流れを感じ取り、

 

後悔のしない、すばやい決断を下せるコツを

 

教えます。あらゆる本から得たヒントを

 

凝縮してエッセンスだけを取り出しています。

 

学校ではけっして教わることはできません。

 

あなたのそばに『決断』という問題を真正面から

 

解決するためのヒントになるかもしれません。

 

 

 

 

「常識」=「空気」

 

 

 

「空気を読まない」ことのメリットが

 

あるとしたら、それはいったいなんで

 

しょうか?

 

得することがなかったら、これまでどおり

 

空気を読み続ければいいわけです。

 

 

 

あえて空気を読まないことのメリットは、

 

「常識」を疑う能力を持つことだと思います。

 

「常識」とは「空気」のことを意味します。

 

 

 

「空気」はごく当たり前にあるものですね。

 

ですが、決断力を育成するうえで、

 

「常識」=「空気」を疑うことは、

 

大きな肝になります。

 

 

 

常識や空気に惑わされ、思うような決断が

 

下せなくなる経験は、誰もが持っている

 

のではないでしょうか。

 

 

 

じぶんだけの『決断力』を持ちたいものです。

 

独自性のある、個性をうち立てるような勇気の

 

ある意志を示したものを。

 

 

 

ですが、一度でも「空気が読める人間」として

 

世の中にある”仮面舞踏会”に参加すれば、

 

内なる声は小さくなるばかり。

 

 

 

もちろん、

 

共通した感覚とか、共通した感情がなくては、

 

周囲のひとと生活することに苦労します。

 

日本人はこれを大切にするのは、

 

「和合」が人間関係の潤滑油になる

 

了解をしているからでしょう。

 

 

 

でも、「まわり」を優先するあまり、

 

暗黙の了解(空気を読む)がいちばん上位の

 

価値観になって、「あなた」という存在感

 

が少しずつ後退していきます。

 

 

 

ここで簡単なたとえ話をします。

 

ハサミは紙を切るために、そして糸を切る

 

目的で生み出されました。それがハサミの

 

本質です。ですが、人間は「○○する」ため

 

という規定された目的のために生み出された

 

存在ではありません。

 

 

 

ですので、泥棒になる人間もでてくれば、

 

人の役に立つ大きなことを成し遂げる人間も

 

出てくるのです。「○○する」を選びとって

 

決断した結果が、人間の人生だとおもいます。

 

 

 

すべては選択の結果です。

 

どういう人間になるのか、どういう人生航路

 

を取るのか。あなたにしか決められません。

 

それができたらようやくあなたの「本質」

 

が見えてくる。

 

 

 

「空気を読まない」ということは、

 

まわりの空気をブチ壊すことではありません。

 

あなたと周囲とのあいだにある、ささやかな

 

スペースを探しだすことです。

 

 

 

じぶんのスペースは社会と他者との関りで

 

生みだされるものなので、空気をぶち壊す

 

ことがじぶんのスペースを創造しにくくなる

 

可能性もあります。

 

 

 

ですが、空気を読みすぎた結果、

 

他者に配慮しすぎるあまり、

 

じぶんが損をすることがあってはなり

 

ません。

 

 

 

『信用度指数』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ

 

 

 

こんな実験がおこなわれたことをご存じで

 

しょうか。「他人をどのくらい信用できるか

 

1~10段階のなかから選んでください」という

 

ものです。あなたは他人を1~10のうちどの

 

くらい信用しているでしょうか。

 

 

 

実はアメリカ人にこの実験をおこない、

 

なんと、信用度が8と回答したひとの年収が

 

いちばん高かったそうです。

 

 

 

では、9や10と回答したひとはどうでしょうか。

 

8と回答したひとと比べて、年収が10%以上も

 

年収が低かったそうです。

 

 

 

つまり、9や10と回答するひとは、

 

信用しすぎる傾向があり、逆に損をする結果を

 

導きやすいということかもしれません。

 

 

 

8と回答するひとはもっとも年収が高かった、

 

という統計が示しました。それはおそらく、

 

8と回答するひとは、give(与える)する性質が

 

take(受け取る)という性質を上回る人間だと

 

いうことを意味しているのだとおもいます。

 

 

 

整理するとこうです。

 

1~5と回答するひとはtakeの性質が強い。

 

6~10と回答するひとはgiveの性質が強い。

 

ですが、giveが9や10になると行き過ぎ。

 

 

 

giveすることは大前提としても、

 

giveしすぎることは、かえってtakeされすぎる

 

傾向を生み、損をする人生を歩むのではない

 

かと心配します。

 

 

 

空気を読みすぎる性質は

 

これと同様で、他者からのtakeを許しすぎて

 

はいけません。それはあたながもっともgive

 

しやすいスペースを確保するためでもあります。

 

 

 

空気の中にある違和感

 

 

 

合わせる空気にちょっとした違和感が

 

あっても、それを我慢することになれば、

 

じぶんを押し殺したまま「運」までも

 

逃げ出してしまいます。

 

 

 

あなた意思を黙殺することは、

 

「運」を減殺することを意味します。

 

 

 

「常識」といわれる空気のなかに違和感を

 

覚えたら、すぐに修正をかけないと、

 

ほんとうにつまらない人生になります。

 

 

 

ここでいう「修正」とは、あなたの感じ方を

 

変更することです。空気それ自体を修正する

 

ことではありません。

 

 

 

じぶんを修正するためには、

 

即決、即断がカギになるわけですが、

 

誰でも間違えることは怖いものです。

 

そこで、考えてみてください。

 

 

 

あなたに10分間の時間が与えられていたと

 

します。たった10分間のタイムリミットです。

 

そこで、ある決断をしなくてはいけません。

 

 

 

AとBという選択肢があります。

 

それらのどちらかが正解となります。

 

あなたはどちらかを選ぶよう迫られます。

 

このときあなたはできるだけ素早く決断を

 

下すべきでしょう。たとえそれが間違って

 

いてもいっこうにかまいません。

 

 

 

なぜならば、

 

たった1分で決断を下すことができると、

 

たとえ間違った選択肢をえらんでいても、

 

のこり9分もあるからです。

 

これは大変、優位なことです。

 

 

 

その9分があれば、

 

その間違いを修正する時間や、

 

他の選択肢をえらび直す、時間的、

 

精神的な余裕を保持することができます。

 

 

 

最悪なのは、9分経過してから決断を下し、

 

残り時間が1分しかない場合です。

 

たった1分しかないと、他にロクな

 

打開策が打てないことは明らかでしょう。

 

 

 

最初からこまかく修正をしようと

 

思わないこと。あらけずりに、あらけずりに

 

取り組みましょう。完璧な『決断』を下すの

 

ではなくて、一歩、いや半歩を踏み出す

 

決意を抱くことだけが必要なのです。

 

 

 

大数の法則

 

 

 

判断をしなくてはいけない場合の多くは、

 

おおよそ、2分1の確率で決まるものです。

 

複数の選択肢があった段階でも、

 

2択にできるまで選択肢をしぼり込む

 

のが人間の傾向ではないでしょうか。

 

 

 

選択肢が多いほど、迷います。

 

だから極力、単純化できる限界の2択にする。

 

 

 

サイコロを振ってみると、偶数と奇数になる

 

確率は1/2ですね。10回振った程度では、

 

偶数と奇数の出る確率はマチマチですが、

 

100回、1000回、10000回、振ってみると、

 

両者の確率はほぼ同数になると言われている

 

のが大数の法則です。

 

 

 

結果的に、1/2の確率は理論上、

 

ほぼイコールコンディションなのです。

 

つまり、あなたがどんなに悩んでも、

 

コインの裏表と同様に確率は1/2。

 

 

 

どんなに迷っても、どんなに考えても、

 

確率上は1/2なので、迷うためにロスして

 

しまう時間価値を気にしたほうがいいです。

 

 

 

お金の時間価値

 

 

 

おなじ百万円をもらう場合でも、

 

それをもらうタイミングによって価値が

 

変わるという真実を知っていますか。

 

 

 

いまもらう百万円と、10日後にもらう百万円

 

では、その百万円の時間価値がことなります。

 

もちろん、いまもらう百万円の方が価値が

 

あります。

 

 

 

なぜなら、いま百万円をもらい何かの投資を

 

おこなって、そこから稼ぎ出せる金額と、

 

10日後から投資をはじめて稼ぎ出せる金額

 

とでは、その数量において異なると考えられ

 

るからです。

 

 

 

いまから投資をはじめても、当然、失われる

 

金額も大きくなるのではないか?と推測する

 

ことはできます。

 

 

 

ですが、ここで重要なのは「機会損失」と

 

いう考え方です。それはこれからおとずれる

 

であろう重要なタイミングを失う、という

 

意味です。

 

 

 

機会損失を感知する

 

 

 

時間価値を計算すれば、「即決」のメリットが

 

わかってくる。でも、できない。

 

これは普段から違和感に気がつく感性を

 

磨かずに、いつも周りの空気ばかりを

 

読んで生きているからでしょう。

 

 

 

じぶんの価値観、もっと正確にいえば、

 

「感じとる力」を失っている証拠ではないで

 

しょうか。

 

 

 

「常識」=「空気」を感じとること。

 

そこにあの「違和感」を感じたとします。

 

これは頭で感じ取るよりも、お腹で感じとる

 

ようなものです。「違和感」を感じとる

 

受信ポイントは脳ではなく、内臓です。

 

 

 

すばやく決断を下せるなら、そのぶん、

 

リカバリーや、他の選択肢を探しだす機会を

 

失わずにすみます。モジモジと悩んでいる

 

ぐらいなら少しでも活動をしたほうが

 

ましです。

 

 

 

透明な水が流れる川ではなくて、

 

たとえ、流れのない汚れた池であっても、

 

それにはやく慣れるほうが運気に

 

見放されない。

 

 

 

「運」はかならず動いているエネルギーに

 

反応するものです。静止しているものには

 

同調しない。だからじぶんが活動したほう

 

が流れを呼び戻せます。

 

 

 

だからあなたは常に動いている

 

エネルギーを発したほうがいいのです。

 

そのためにはやく決断を下すこと。

 

 

 

考えるな、感じろ

 

 

 

2者択一を迫られている場合、当然、

 

考えている時間はありません。それどころか

 

「考える」ことは、「感じる」ことを妨げる。

 

 

 

考えることは、複雑なプロセスです。

 

感じることは、単純なプロセスです。

 

 

 

単純なプロセスの方が優れている場合があり

 

ます。それは難題に立ちむかうために一定の

 

パターンをつくりやすいからです。

 

 

 

複雑なプロセスは、複雑な手順を踏まな

 

ければ、解答を導きだすことができないので、

 

身体でおぼえることができなくなる。

 

 

 

ただ、人間とはやっかいな生き物で、

 

単純なことに信頼を置くことが

 

にわかに信じられなくなることもあります。

 

それが「単純」だからがゆえです。

 

 

 

哲学者のように複雑に考えると、

 

正確な判断をもたらされるように感じる、

 

一種の自己満足感を抱きます。

 

 

 

考えた労力にたいするご褒美のような

 

ものがほしくなる。これが思考すること

 

の弊害だとおもいます。

 

 

 

「熟考する」「考察する」など、

 

じつにクールな言い方ですが、どこか

 

「感じ取る」ことを放棄したニュアンスを

 

もちます。

 

 

 

これらは空気のなかに「違和感」を感じた

 

あとから動きだすプロセスで、

 

「違和感」そのものを察知する働きは

 

そこにありません。

 

 

 

「違和感」に気がつくこと。

 

たとえ、その場の空気が自然だとされて

 

いても、その「違和感」を察知することは、

 

常に勘が鋭くなり「運」にも見放されません。

 

 

 

思考ばかりだと、全体という自然の中にある、

 

「あなた」を感じとる視線が少しずつ、

 

弱くなります。

 

 

 

集団のなかにある黙認されている

 

「違和感」を感じ取ったら、

 

スッとその場から姿を消す。

 

けっして戦う必要はなく、影だけのこして

 

そそくさと立ち去ること。逃げるが勝ち。

 

これも大事な手段です。

 

 

 

不安と恐怖のちがい

 

 

 

間違いを犯すときに生じる不安と恐怖の

 

違いは何でしょうか。

 

不安は、不安に感じる対象が「不明確」です。

 

恐怖は、恐怖に感じる対象が「明確」です。

 

 

 

たとえば、

 

志望大学の不合格になった場合、あなたは

 

不安になりますか。恐怖を感じますか。

 

 

 

「不合格」のあとに待っている未来は

 

不安です。けれども、

 

「不合格」という事実そのものは、

 

恐怖です。

 

 

 

「不合格」のあとに浪人になるのか、

 

第二志望校で手を打つか、

 

その先の未来が想像できないために

 

あなたは不安になります。

 

 

 

つまり、不安の対象となるものが、

 

正確に把握できない場合にかぎって、

 

不安になるのです。

 

 

 

たとえ話を変えます。

 

殺人鬼を見ても不安にはなりません。

 

というより、不安になる暇などなく、

 

恐怖しか感じません。

 

 

 

なぜなら、目の前にいる殺人鬼は、

 

まぎれもなくその対象が明確なために、

 

ありありと恐怖を感じるわけです。

 

 

 

あなたが感じているその実感が、

 

不安なのか、恐怖なのか。

 

それを自分の中で仕分けしてみる。

 

両者が幻影であるならそれで良し。

 

 

 

まずは、心のなかにスペースをつくる

 

ことに専念すれば、冷静な判断が下せます。

 

 

 

『緊張と緊迫のあいだ』希望ヶ丘の個別指導塾  AO入試プロ

 

 

 

決断を下す際に、あなたは緊張を感じるかも

 

しれません。すばやい決断が下せない要因

 

になる可能性があります。

 

 

 

 

「試合前に緊張する」「緊張しがちな性格」

 

など、緊張は身体が硬直することを想像させ、

 

本来のパフォーマンスを発揮できない不本意な

 

結果を引き出すように想像できます。

 

 

 

「緊張」は一言でいえば、精神の萎縮です。

 

そこには流動的なエネルギーの流れがない。

 

つまり、硬くて、気がグルグルと滞留して

 

いる感じすらします。

 

 

 

緊張すると身体が硬くなります。

 

脳も硬くなります。脳も生物学的に言えば、

 

筋肉の一種なので、身体が硬直しているときに

 

脳だけ柔らかいはずはない。当然、

 

思考も硬くなっていることでしょう。

 

 

 

一方で、「緊迫」はどうでしょうか?

 

「緊張」とはどこか違います。

 

 

 

「緊迫した試合」「緊迫した状況」

 

などは、どこか切迫感があり、ギリギリの

 

スリルを味わっている楽しみすらあります。

 

「ゲーム感覚」といっても良いかもしれません。

 

 

 

「緊迫」を目指せ

 

 

 

まずは「平安」という状態について。

 

精神内部のいちばん外側にあるものです。

 

この状態が日常生活を送るうえでの普通な

 

状態のことです。

 

 

 

いちばん波風が立っていない、平穏な海の

 

ような安定した精神ですが、もちろん、

 

このような「平安」ばかりではないのが人生

 

です。

 

 

 

大事な入試や試合をむかえることがあれば、

 

この「平安」が破られる「緊張」が現れます。

 

先ほども言ったように、「緊張」は人間の

 

パフォーマンスを下げる負の要素があります。

 

 

 

だからといって緊張しているすべての人間が

 

パフォーマンスを下げるわけではない。

 

 

 

とんでもない緊張感のなかで異様な実力を

 

発揮したり、本番でしかだせなかった結果を

 

叩きだすことがある。

 

 

 

この状態は、「緊張」から「緊迫」の状態へ

 

移動していることがポイントになります。

 

スポーツなんかでよく言われる、

 

「ゾーン」に入る、という状態のことです。

 

 

 

この状態を一言でいうと、「無心」でしょう。

 

勝ちたい、受かりたい、そういう欲求(エゴ)

 

が微塵もない。

 

 

 

すべて、ひとつのことに集中できているから、

 

思考がはたらきだすスキマすらないのです。

 

 

 

「緊張」から「緊迫」への移行法

 

 

 

「緊張」から「緊迫」になる瞬間を

 

いつまでも待つわけにはいきません。

 

下記の図のように、「緊張」の場所に留まる

 

のではなく、「緊迫」まで突き抜けなくては

 

いけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緑の矢印ではだめです。黄色の矢印でないと。

 

「緊張」から脱出しなくてはいけないわけです。

 

どうすればよいか、まわりの空気を気にせず

 

楽しむべき。それがいちばんの脱出法です。

 

 

 

緊張するのは、まわりの空気を気にしすぎて

 

いるからでしょう。まわりの眼を気にする、

 

と言い換えてもよいかもしれません。

 

 

 

オリンピックのような大舞台では、

 

日本人は緊張に弱いかもしれません。

 

本来の実力を発揮できなかった、そんな話を

 

聞くことがあります。

 

 

 

まわりからの期待度が空気感染するのです。

 

けれど「楽しむ」というスリリングな感覚は、

 

ある意味で個人的な「遊び」を感じます。

 

 

 

もし、緊張する場面に居合わせたら、

 

徹底的に楽しむことを決断してほしいです。

 

「こんあ場面で楽しみやがって」

 

と揶揄されたら、あなたは立派に空気から

 

脱出することができた証拠です。

 

 

 

あなたはあなたにしかできない

 

決断があります。

 

 

 

すべての答えは出ている。どう生きるかということを除いて。

 

Everything has been figured out, except how to live.

 

ジャン=ポール・サルトル

 

 

 

希望ヶ丘にある個別指導塾

AO入試プロのホームはこちら

 

 

 

"『16歳からの決断力育成法』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ"について、ちょっとした疑問がわいたら、
AO入試プロの「公式LINEアカウト」から質問をすることができます。
もちろん、懇切丁寧に対応させていただきます。進路に関する相談でもOKです。
うるさい案内を流すことはありません。必要がなくなったら「ブロック」していただいても構いません。
どうぞお気軽に登録してください!
友だち追加
Copyright © AOプロ入試 All rights reserved.