『AO入試における資格』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ

 

 

 

本日は、 AO入試において有利に

 

働く状況を、前回に引き続き紹介します。

 

前回は、ボランティア活動について

 

お話しました。

 

 

 

今回は、資格取得を中心に

 

説明をしていく予定です。

 

 

 

まずその前に、

 

もしあなたが学生団体設立や

 

その代表つとめていた場合、

 

それは活動実績の一つとして、

 

AO入試では高く評価されます。

 

 

 

これは、

 

ボランティア活動とも関係して、

 

その組織を運営し、

 

何かを成し遂げた実績は、

 

高いリーダーシップとして評価され

 

ること意味します。

 

 

 

しかしこのようなケースに関しては、

 

なかなか経験してる人は少なく、

 

AO入試でアピールすることにおいては、

 

難しい部類に入るでしょう。

 

 

 

もうすこし小さな例を挙げると、

 

例えばこのようなことがありました。

 

 

 

わたしが担当していた生徒の中に、

 

高校2年時で海外に研修に行く

 

イベントがありました。

 

 

 

そのイベントは、

 

各国の高校が集まり、

 

国際交流の場として、

 

国際問題についての会議を行なう

 

いう目的でした。

 

 

 

高校時代に海外研修があった経験は、

 

AO入試においてアピールポイントに

 

なると思います。

 

 

 

そこでは自分が何らかの形で、

 

そのイベント盛り上げる

 

役割をになうチャンスがあり、

 

そこにリーダーシップ発揮されたという

 

実績をつくりだすことができれば、

 

志願理由書なかで十分にアピールできます。

 

 

 

このような海外研修が企画される高校は、

 

あまり多くはなく、希少性の高い話題に

 

なると思います。

 

 

 

私立高校や市立高校などにおいて、

 

実施されるケースが多いようです。

 

 

 

残念ながら、テロの影響で

 

この海外研修が直前に取り止めに

 

なった生徒もいたので、

 

急きょ志願理由書合格を書く

 

あてが外れたために、

 

大変だったことを覚えています。

 

 

 

重要なことは、社会や世界に対して

 

どのぐらい強い関心を持っていたのか、

 

その点をアピールするための

 

具体的なエピソードが必要だと思います。

 

 

 

各種コンクール、

 

コンテスト参加においても、

 

さまざまなものがあります。

 

 

 

「小論文コンテスト」、

 

「ビジネスコンテスト」、

 

理系志望者にとっては、

 

多くの科学オリンピックが

 

開催されています。

 

 

 

当然、優秀賞を受賞した場合は、

 

その実績が直接合格に

 

繋がることもあり得ます。

 

 

 

芸能活動においても、

 

特殊な経験として、

 

動揺に高く評価されます。

 

 

 

フィールドワークの経験もあれば、

 

アピールの一つにもなります。

 

 

 

そもそもフィールドワークとは、

 

現地に実際に赴いて、

 

その対象直接観察し、

 

関係する人間に取材をしたりすることです。

 

 

 

私が指導した生徒の中には、

 

地元で孤軍奮闘している

 

いちご農家について、

 

フィールドワークを行いました。

 

 

 

もともとその土地は、

 

日本では最も古い、

 

イチゴ農業が盛んな土地でしたが、

 

商品開発や流通システム、

 

販売網において

 

大きく出遅れてしまったため、

 

栃木県のブランドイチゴなどに

 

その座を奪われてしまった

 

とのことでした。

 

 

 

イチゴの品種改良から始まり、

 

商品開発、販売ルートまでを想定して、

 

その土地がもう一度、

 

いちご農家が盛り上げるプランを、

 

その生徒は具体的な紙の資料に

 

落としました。

 

 

 

イチゴ使った「架空の」商品開発では、

 

実際に作品を作り、

 

実際に食べてもらうことで反応を調査し、

 

アンケート結果までも集計しました。

 

 

 

その資料ではあえてパソコンを使わず、

 

完全に手書きのものでしたが、

 

そのことがかえって高校生らしい、

 

フレッシュな印象を与えたため、

 

志望校のオープンキャンパスでは、

 

教授たち強烈な印象を与えたようです。

 

 

 

「ここまでやるか!」

 

というぐらい徹底したものだったので、

 

私は今でもその資料を大切に保管してます。

 

ページ数からいっても、

 

大学のパンフレットぐらいの量があります。

 

 

 

私にとっても、苦労したぶん、

 

一生の思い出です。

 

 

 

このことは、

 

「一般入試」の勉強とは

 

大きくかけ離れたことですが、

 

社会に出た後で、

 

このようなバイタリティーは、

 

存分に発揮されるのではないでしょうか?

 

 

 

「周囲がそのような機会を作る

 

チャンスをくれなかった」と嘆く前に、

 

自分でチャンスを作る、

 

ということを、

 

目の前で実践してくれたのだと思います。

 

 

 

本日は、資格取得について、

 

お話をしようと思っていましたが、

 

文字数が限られてきたので、

 

申し訳ないのですが、

 

この話はまた次回に!

 

明日、記事をアップできると思います。

 

 

 

編集後記:

 

うちだななみさん、

 

ありがとう!

 

今回は完全に「withB」スタイルの

 

コンセプトだね(笑)

 

犬好きにはたまらない、

 

シェパードの登場ですか!

 

やっぱりワンちゃんにグラサンを

 

かけてもらうなら、

 

シェパードが似合いますね。

 

次回もよろしく!

 

 

 

"『AO入試における資格』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ"について、ちょっとした疑問がわいたら、
AO入試プロの「公式LINEアカウト」から質問をすることができます。
もちろん、懇切丁寧に対応させていただきます。進路に関する相談でもOKです。
うるさい案内を流すことはありません。必要がなくなったら「ブロック」していただいても構いません。
どうぞお気軽に登録してください!
友だち追加
Copyright © AOプロ入試 All rights reserved.