『「です・ます」はいらない』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ

志願理由書でもっと

気にすべきところはある。

 

 

 

志願理由書の表面的な部分を気にする

 

気持ちは十分にわかります。

 

「です・ます」はたしかに丁寧であることも

 

理解できます。

 

 

 

「です・ます」を絶対にふくめないでほしい、

 

というわけではないのですが、

 

それをふくめることと引き換えに、

 

何を失うのかというと、それは文字数です。

 

 

 

「情報密度」という観点を大切にしてほしい

 

とおもいます。その情報密度をつねに

 

高めるためには、ムダなものは削がなくては

 

いけない。1文字も余計なものはふくめない

 

ほうがいいとおもいます。

 

 

 

「あー」とか、「えー」とか、

 

会話に入り込むのを聞くと、

 

聞き取りにくい感じがしませんか?

 

というよりもムダに感じる。

 

話す側にとっての大切な「間」ですが、

 

聞く側にとってはとくに必要ありません。

 

 

 

かく言うわたしも、「です・ます」を

 

この文章に多用していますが、

 

文字数制限がある志願理由書の場合は、

 

もっと優先すべき事があるとおもいます。

 

 

 

「です・ます」をふくめるくらいなら、

 

情報密度のある、志願理由書にしたほうが

 

よいでしょう。

 

 

 

・思います(4文字)

 

・思う(2文字)

 

 

 

たったの2文字の差ですが、

 

これが、20回ほどくり返すと、

 

40文字もの差がうまれます。

 

 

 

もし仮に、250文字の文字数制限が

 

ある場合は、その40文字は全体の16%を

 

占めます。これを失うことは、

 

致死量にいたるとおもいます。

 

(けっして大げさではなく)

 

 

 

16%を失うくらいなら、ひとつでも

 

多くの情報を盛り込んだほうが安全です。

 

具体的な情報はとにかく文字数が食われる。

 

それを気にしてほしい。

 

 

 

「です・ます」をどうしても使いたいと

 

おもう心理は、審査する側からどう見られる

 

のかを気にしています。

 

 

 

「です・ます」を抜くと、

 

「上から目線になっていないか」

 

「横柄な書き方になっていないか」

 

ということを気にしているのでしょう。

 

 

 

これも大切な視点ですが、

 

本来、具体的な言葉で組み立てられるはずの

 

情報密度が下がり、それによって

 

読み手の「印象」に悪影響をおよぼす

 

ことを、もう少し想像すべきだと

 

おもいます。

 

 

 

文章には音がありません。

 

あたり前ですよね。

 

目で認識するしかないわけです。

 

 

 

だから、情報を伝えられる手段が、

 

視覚しかないぶん、

 

ひとになにかアピールする際に、

 

「舞台演出」が平板になりやすい。

 

 

 

たとえば、

 

動画で伝える方が、リアリティをもって

 

なにかを伝えることに優れている場合が

 

あるのは、「舞台演出」をするための

 

装置が多いからです。

 

BGMをつけたり、文字を拡大するエフェクト

 

をつけたり、そのような自由な演出法が

 

文章には備わっていません。

 

 

 

プロの書き手は、その文章に荒波を立てたり

 

凪をつくったりすることが卓越している。

 

文章でなにかを「ありあり」と伝えることに

 

優れている、ということです。

 

※凪(なぎ)と言う意味は、

 

風がやみ波が穏やかになること。

 

 

 

ワンポイントアドバイス

 

 

 

「お行儀がいい」とおもわれることを

 

優先するか、具体的な言葉をならべる

 

ための文字数を失うのか。

 

 

 

わたしなら、前者を下げて、

 

後者を優先してほしいと願います。

 

 

 

多少、荒削りでもいいです。

 

高校生らしいフレッシュな文章を

 

目指してほしいとおもいます。

 

 

 

かつてじぶんの恩師がこう言っていました。

 

「じぶんに無くなってしまったものは、

 

きみたちの書くような若々しい発想と、

 

パワフルな切り口で文章を書くことだよ。」

 

 

 

大学の教授は、

 

何十万枚の若者が書く文章を

 

添削しています。

 

あなたの志願理由書に書かれている中身が

 

退屈なら、それでおわり。

 

陳腐なものは記憶にとどめません。

 

 

 

それは陳腐なものを嫌というほど

 

読まされてきているからです。

 

記憶に残る文章を書きましょう。

 

そのためには、できるだけ具体的な言葉で

 

情報密度を上げることに

 

頭をつかいましょう。

 

 

 

高校の先生は、あなたに「です・ます」

 

をすすめるかもしれません。

 

 

 

「ギチギチ」になるほど、

 

情報密度の高い志願理由書を書いていけば、

 

この文字数制限があるなかで「です・ます」

 

を使ってほしいとは言わないはずです。

 

 

 

「です・ます」を入れる余裕がないほどの

 

状態であれば、言いようがないはずです。

 

もし、それでも言われるならば、

 

「どこを削って、どこに、です・ます

 

を入れればよいですか?」と逆に質問を

 

してください。

 

 

 

そういう質問を真摯に投げることに、

 

勇気をもちましょう。

 

その回答が納得のいくものであれば、

 

そのアドバイスを飲むのもよし。

 

納得がいかないなら、振り切るのもよし。

 

 

 

最後はあなたの判断にゆだねられます。

 

 

 

編集後記:

 

犬は小動物に興味津々になる。

 

猫はどうなんだろう??

 

うちだななみさん、今回もありがとう。

 

次回から季節感をおりまぜたイラストを

 

提供してくれるということで、

 

たのしみです。

 

 

"『「です・ます」はいらない』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ"について、ちょっとした疑問がわいたら、
AO入試プロの「公式LINEアカウト」から質問をすることができます。
もちろん、懇切丁寧に対応させていただきます。進路に関する相談でもOKです。
うるさい案内を流すことはありません。必要がなくなったら「ブロック」していただいても構いません。
どうぞお気軽に登録してください!
友だち追加
Copyright © AOプロ入試 All rights reserved.