『スダディサプリのコスパ』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ

希望ヶ丘の個別指導塾ブログ:味方にすると使える

 

 

 

映像授業の効用

 

 

 

映像授業にかんしては賛否両論ありますが、

 

個人的な考えを言えば、肯定しています。

 

しかし、これは活用方法にもよる。

 

本日はこの辺のお話をしていきます。

 

 

 

 

映像授業はいまに始まったわけではなく、

 

いまから30年前以上前からはありました。

 

大手予備校の河合・代ゼミ・駿台が授業の

 

一環として映像授業を取り入れていました。

 

 

 

当時はサテライン授業と言って、

 

大型の教室に、巨大なスクリーンがあって、

 

特定の教室にしか来ない講師の授業を

 

全国の予備校で視聴できる仕組みが

 

ありました。

 

 

 

基本的には生放送でしたが、

 

録画されたものを見ることもできたので、

 

当時から賛否両論ありましたが、

 

有名講師を追い求めて、サテライン授業を

 

受講する人も少なくなかったと思います。

 

 

 

これを細分化したのが東進ハイスクールで、

 

ローカル駅でも動画配信用の教室をつくり、

 

わざわざ予備校の足を運ばなくても便利で

 

あることや、現役受験の風潮が高まり、

 

部活動の終了間際から視聴できるニーズに

 

合致したため、爆発的に広がっています。

 

 

 

料金が莫大にかかる

 

 

 

実際に東進ハイスクールやマナビスの説明会

 

に行ってみると気がつくと思いますが、

 

料金が莫大にかかります。

 

 

 

「映像なのにこんなに高いのか」と思うわけ

 

ですが、本来、オンライン配信のものである

 

ならば、そこまで費用がかからなくてもすむ

 

はずです。

 

 

 

YouTubeで動画を個人で配信する場合でも、

 

費用はかかりません。なので、映像授業に

 

かかる金額は基本的には、予備校に支払う

 

著作料を買っていると考えるほうが正しい。

 

 

 

予備校側はこの映像授業で売れる講師を

 

つくりあげるために、

 

莫大な広告費をつかってスター講師を

 

ブランディングしています。

 

 

 

なので、そのスター講師の映像授業を

 

販売する価格を高く設定し、

 

利益を確定したいという狙いです。

 

 

 

基本的に映画館で映画を視聴する料金は、

 

その映画の著作料を映画館で買っている

 

ことになりますが、

 

そのこととさほど変わりはありません。

 

 

 

それにしても料金が高い

 

 

 

それにしても映像授業は、

 

ものすごく料金がかかりますよね。

 

早割りのような販売の仕方もあり、

 

「一括で前払いすれば、お安くなりますよ」

 

なんていう誘いもあります。

 

 

 

ですが、これには裏もあって、

 

秋になると、追加販売もしてくものです。

 

「センター試験の対策もいかがですか?」

 

みたいな感じです。

 

 

 

希望ヶ丘の個別指導塾  AO入試プロはこのようにアドバイスをします。

 

 

ハイブリッド型でいこう

 

 

 

ズバッと結論を言うと、

 

映像を有効活用するためには、

 

個別指導と映像授業の組み合わせが

 

ベストなのではないでしょうか。

 

 

 

もちろん、そういうことを販売商品として、

 

自前で映像授業を制作し、個別授業との

 

ハイブリットを考えている塾もあります。

 

 

 

映像授業の制作に予備校が絡むと、

 

販売価格が跳ね上がるので、結局、

 

コスパが悪くなるんですね。

 

 

 

つまり、映像授業と個別指導の授業と

 

その提供元を分けた方が安くなることは

 

間違いありません。

 

 

 

ここが一緒になっていると、

 

結局、年間で100万近くはいきますよ。

 

これでは元の子もありません。

 

 

 

映像授業の活用法

 

 

 

映像授業はスタディサプリが、

 

俄然お安いです。塾講師歴17年目のわたしが

 

視聴してみても、その質は決して悪くあり

 

ません。

 

 

 

東進ハイスクールのようなキャラが濃い講師

 

の起用をあえて避けているような

 

気もします。

 

 

 

それもかえってプラスに働いていて、

 

あえてキャラが薄めの堅実な授業を

 

配信する意図を感じます。

 

 

 

映像授業は予習で効果を発揮します。

 

とくに社会科目は抜群にいい。

 

とても便利なんです。

 

 

 

予備校で社会科目を受講している場合でも、

 

とにかく予習段階としてスタディサプリを

 

視聴しておく。

 

 

 

社会の科目に予習は不要である、との意見も

 

あるのですが、予備校の社会が完全に終了

 

するのは12月ごろ。

 

 

 

日本史や世界史などは、

 

12月ごろまで通史がおわならないので、

 

模試では満足に得点できないものです。

 

 

 

それはそれとして割り切ることもできます。

 

ですが、

 

通史が完全に終わっていないので、

 

模試では点数がボロボロでも仕方がない、

 

と開き直っても、模試での点数が伸びないの

 

は精神衛生上、けっしてプラスではない

 

ものです。

 

 

 

だったら、予備校の授業で終わっていない

 

範囲をどんどん、スタディサプリを活用し

 

先取りしてみても構わないとおもいます。

 

 

 

毎日1時間ほどのスタディサプリを視聴

 

すれれば、2~3か月の期間ですべて通史が

 

視聴できますよ。

 

 

 

予備校がそのあとを追いかけてくることに

 

なりますが、いったん通史が終わって

 

しまえば、自分で問題演習ができるように

 

なります。

 

 

 

もちろん、1回視聴したぐらいでは、

 

問題演習をしてみてもボロボロですが、

 

そこからならいくらでもリカバリーが効き

 

ます。

 

 

 

ポイントは教科書を読んで通史を学習する

 

よりも、動画を視聴する方が効率がいいこと

 

です。しかも、料金は毎月980円程度なので

 

コスパもいいです。

 

 

 

スタディサプリは完全に、

 

予習用の学習と割り切って、

 

ザーッと一通り視聴し、それぞれの

 

塾の予習段階と位置づけてみてはいかがで

 

しょうか?

 

ぜひとも参考にしてみてください。

 

 

 

希望ヶ丘にある個別指導塾

AO入試プロのホームはこちら

"『スダディサプリのコスパ』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ"について、ちょっとした疑問がわいたら、
AO入試プロの「公式LINEアカウト」から質問をすることができます。
もちろん、懇切丁寧に対応させていただきます。進路に関する相談でもOKです。
うるさい案内を流すことはありません。必要がなくなったら「ブロック」していただいても構いません。
どうぞお気軽に登録してください!
友だち追加
Copyright © AOプロ入試 All rights reserved.