『勉強効率を上げる鉄則』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ

希望ヶ丘の個別指導塾ブログ:受験知識よりも受験哲学

 

 

 

受験勉強法があふれてる

 

 

 

世の中には様々な受験勉強の方法が出回り、

 

じぶんに合った相性の良い方法を見つけ出す

 

ことがより困難になりました。

 

本日は受験勉強の全体像をお話します。

 

 

 

 

インターネットやSNSでも受験勉強に関する

 

勉強方法が千差万別に紹介されています。

 

これだけ情報があふれると、

 

かえってその方法を見つけ出すことが

 

ストレスになることさえあります。

 

 

 

まさに情報の量があふれ、

 

その情報の質を問いただすセンスを求め

 

られているような気がいたします。

 

 

 

わたしもこれが正解で、これは不正解だと、

 

断罪するような立場ではありませんが、

 

すべての受験勉強法がますます相対的な

 

ものに思えてならなくなりました。

 

 

 

テクニカルな方法を身に付けようと思うと、

 

よりいっそう複雑なものになり、

 

じぶんのなかに取り入れては外す、

 

を繰り返していくうちに時間は

 

どんどん失われていきます。

 

 

 

最近、映像コンテンツがもてはやされて

 

いるのは、情報過多の時代にあって自律学習

 

の終着地点を探しているような気がして

 

なりません。

 

 

 

これにかんしては否定的な立場ではなく、

 

むしろ映像授業をフル活用し、

 

受験勉強の効率化をはかることには肯定

 

しています。

 

 

 

場所や時間をえらびませんので、

 

自立学習への計画に自由度が増すの

 

でしょう。

 

 

 

逆に考えると、その自由度が増したぶん、

 

受験勉強のテクニカルな分野ではなく、

 

むしろ受験勉強の計画性に成功のカギが

 

かくされているような気がします。

 

 

 

個々の勉強法にかんする研究はしつくされた

 

感があり、その情報量を手に入れる手間より

 

も、映像授業を自宅などの好きな場所で

 

受講し、その全体の計画性にかんして重要度

 

が出てきたということです。

 

 

 

計画性を重視する

 

 

受験の計画性にかんしてどれだけのひとが

 

真剣に考えているのでしょうか?

 

受験勉強のテクニカルな部分に目を向けて

 

いるひとは実に多いのですが、

 

その全体の柱になる計画にたいしては

 

たいした熱量を感じません。

 

 

 

いつまでにこのテキストを終わらせる

 

だとか、次回の模試では何点取るだとか、

 

そういう具体的な計画に落とし込んでいる

 

ひとはどれほどいるでしょうか?

 

 

 

計画は紙に書き出すことが重要です。

 

頭のなかになるのではなく、

 

しっかりと計画を紙に書き出すことで、

 

よりその計画性にともなう精度が上がるの

 

です。

 

 

 

希望ヶ丘の個別指導塾  AO入試プロはこのようにアドバイスをします。

 

 

 

核になるもの

 

 

これから大切にしてほしいことは、

 

受験勉強の技術ではなく、

 

受験勉強の哲学です。

 

 

 

なんだか難しい話になってきた…

 

いや、じつに簡単なことなんです。

 

受験哲学を持つということは、

 

じぶんが受験に臨むうえでの「規律」を

 

つくり、それを守り切る、という信念を

 

持つことなのです。

 

 

 

「規律」を作り上げるには、

 

受験勉強にかんする計画が必要になるわけ

 

です。計画がなければ「規律」も生まれて

 

くることはありません。

 

 

 

この科目をこの時期までに終わらせるには、

 

どのような勉強方法をしなくてはいけないの

 

か、それを真剣に考える機会は「規律」を

 

作り上げることとにつながります。

 

 

 

その「規律」にしたがい、

 

時間制限のなかで、目的の点数を達成する

 

わけです。単語は毎日20個を暗記するなど、

 

「規律」の典型例ですよね。

 

 

 

でもその「規律」は、計画を守るための手段に

 

なります。すべては受験勉強全体を目的に

 

到達させるために、じぶんの力で制御しなく

 

てはいけないということです。

 

 

 

計画どおりにいかないことは、

 

たくさんあります。想定の範囲外なことは、

 

ごく当たり前に起こるものです。

 

 

 

そのときは柔軟に変更をします。

 

なんども言うようですが、「規律」は計画性

 

を達成するための手段にすぎないので、

 

計画を変更に迫られたならば、

 

「規律」を変更する必要はでてきます。

 

 

 

これは妥協する、

 

という意味ではありません。「規律」を

 

守ること自体が目的になってはいけません。

 

受験勉強の計画を達成するためのものです。

 

 

 

計画は合格のためにある

 

 

 

当然と言えば、当然なのですが、

 

計画性を重視する理由は、受験で合格を

 

勝ち取るためです。

 

 

 

抽象的な言い方になりますが、

 

受験勉強じたいをしっかり自分で支配する

 

ことが、合格を勝ち取る秘訣です。

 

 

 

受験勉強のテクニカルな部分にかんして

 

否定する気はありませんが、この部分ばかり

 

に注目するだけで、全体の計画性を無視する

 

と、どうしても回し車を休みなくこぎ続ける

 

ネズミのようになります。

 

 

 

「いついつまでにこれを終わらせる」

 

これはたいへんに効果的な「規律」になり

 

ます。これを終わらせて、そのリターンとし

 

てどのようなスキルが身に付くのかを想像

 

します。

 

 

 

じぶんが強化しなくてはいけない場所を

 

効果的に埋めていくには、明確な時間制限を

 

課さなくてはいけません。

 

 

 

そのためには、じぶんがこういう実力を

 

身に付けたい、という明確なイメージが湧い

 

ていないと、強化するポイントが浮かび上

 

がらないことになります。

 

 

 

なりたい「自分像」というゴールがあるから

 

こそ、そこまでのプロセスを組み立てる

 

計画性が求められるわけです。

 

 

 

そして、その計画性をスムーズなものに

 

するために、テクニカルな受験技術を

 

マスターする必要性があります。

 

 

 

まずは、なりたい「自分像」があること。

 

そのためにはどのような計画を組み立てれば

 

よいのかを考える。そして、その時間制限を

 

スムーズに乗り切るためのテクニカルが必要

 

になる、ということです。

 

 

 

希望ヶ丘にある個別指導塾

AO入試プロのホームはこちら

"『勉強効率を上げる鉄則』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ"について、ちょっとした疑問がわいたら、
AO入試プロの「公式LINEアカウト」から質問をすることができます。
もちろん、懇切丁寧に対応させていただきます。進路に関する相談でもOKです。
うるさい案内を流すことはありません。必要がなくなったら「ブロック」していただいても構いません。
どうぞお気軽に登録してください!
友だち追加
Copyright © AOプロ入試 All rights reserved.