『最初は7割程度の完成度』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ

『最初から完璧にこだわるな』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ

 

 

 

7割の完成を目指す意味

 

 

 

単語などにかぎらず、

 

受験生の勉強法を見ていると、

 

最初から完璧を求めすぎている気がします。

 

本日は勉強法のお話しです。

 

 

 

 

英単語を例に挙げるとそれが顕著ですが、

 

9割の完成を目指すあまりに、

 

なかなか先に進まない勉強法は効率が悪い

 

と思います。

 

 

 

なかには満点を取るまで、おなじ範囲に

 

こだわるひともいますが、そのペースでは

 

あまりにもタイムロスが多いです。

 

 

 

まずは7割の完成度でかまいません。

 

もちろん、テキストは何周もこなすことが

 

前提なので、少なくとも1~2週目までは

 

7割の暗記精度でかまいません。

 

 

 

9割を目指しているようでは周りのペースに

 

おいていかれますよ。最初はとにかく粗目の

 

暗記でかまいません。とにかく、

 

先をいそぐこと。

 

 

 

まずは最後まで行くこと

 

 

 

まずは使用しているテキストのゴールを

 

先にきること。この意味は、そのテキストの

 

全体像をいちはやく把握することが必要

 

なのです。

 

 

 

チマチマやらない。とにかく1周目はすばやく

 

先に進みましょう。2周目に入ったら、

 

8割の完成を目指します。3周目に入ったら

 

9割の完成を目指します。

 

 

 

ですが、案外とこれもうまくいかないことが

 

あります。2周目でも7割しか暗記できない

 

かもしれませんが、それでもかまいません。

 

 

 

2~3周目でも暗記が強化されれば、

 

自然と7~8割の精度に上がってきます。

 

焦らなくてかまいません。

 

 

 

記憶は失われるのが普通です。

 

ですが、1周目で完璧な完成度を求めすぎる

 

と、2周目にはいる時間がかかりすぎるので、

 

このスパンをとにかく短縮することが

 

コツになります。

 

 

 

記憶は何度も上書きするもの

 

 

 

この回数が少ないと、記憶が強化されない。

 

なんどもおなじことを繰り返すわけですが、

 

この周回数が遅いと、最初に記憶していた

 

部分が劣化します。

 

 

 

だから、最初は粗めの学習でかまわないので

 

す。精度は求めない。とにかく速度を上げて

 

いきましょう。

 

 

 

慎重な性格ほど損をするんです。

 

そういうひとには真面目なタイプに多いの

 

ですが、前に突き進む推進力は決して

 

強くないのです。

 

 

 

ゴールまで先に入って、次の周回で精度を

 

すこしづつ上げることが必要です。

 

なので、何でもざっくり取りくむ性格の

 

人の方が受験では成功したりするんです。

 

 

 

本人は意識しているわけではないのですが、

 

意外とこの性格のほうが、効果を感じること

 

が多かったりするのです。

 

 

 

『真面目は損をするのか?』希望ヶ丘の個別指導塾  AO入試プロ

 

 

 

けっしてそうとは言い切れないのですが、

 

慎重な性格であるあまりに損をすることは

 

あるので、気をつけたいです。

 

 

 

長所もあります。

 

周回を重ねて、精度を求めるうちに

 

真面目なひとは愚直にもおなじことを反復

 

できる性格なので、精度がどんどん上がって

 

いきます。

 

 

 

最初が慎重すぎるんですね。最初だけ

 

ゴールへ突き進む推進力が遅いんです。

 

最初の周回は精度が甘いので、なんだか

 

ムズムズするような気がします。

 

 

 

なんだかやっている意味を感じなくなるとき

 

もあります。不安になる感じがするんです。

 

でも、最初はしかたがありません。

 

とにかく前に進むことへの勇気を持ち

 

ましょう。

 

 

 

何周も繰り返したら、紙に単語を書きこむ

 

ことすらも必要なくなるかもしれません。

 

目で追いながら発音をするだけでも

 

構いません。

 

 

 

ただし、ものすごいスピードで先に進める

 

ぶん、何回も単語帳を周回しなくていけま

 

せん。10周ぐらいあたり前にこなさなくては

 

いけません。

 

 

 

記憶は繰り返されるものしか記憶できない

 

ので、それが浅い復習でも回数を重ねれば

 

効果は上がります。

 

 

 

くれぐれもバカ丁寧には勉強しないスタンス

 

が必要になるとおもいます。単語の暗記に

 

1~2時間もかけると時間効率がわるいです。

 

 

 

毎日、時間をきめて20分ぐらいでサクッと

 

復習をする。市販の『速読英単語』などは

 

復習に向いています。

 

 

 

英文を読むだけで、単語の復習ができます。

 

英単語を書いて勉強する必要性から解放され

 

ると思います。

 

 

 

英単語を記述する必要性がない試験ならば、

 

英単語が必ずしも書ける必要はありません。

 

とにかく読解で点を上げたいのならば、

 

英単語を読んで意味がわかることが最優先

 

となります。

 

 

 

センター試験の8割は単語で解決できる

 

 

 

センター試験はほとんど英単語で勝負が

 

決まります。なので、センター英語の点数は

 

単語の暗記量測定をしているようなもの。

 

 

 

問5~6までの長文問題が解けないのは、

 

ほとんど、とういうか、完全に単語力不足

 

でしょう。

 

 

 

1週間で400個ぐらいの英単語を粗くてもかま

 

わないので、暗記してください。1か月ぐらい

 

それを繰り返したら、劇的に点数が改善し

 

ます。

 

 

 

なんどの繰り返すようですが、最初は粗めの

 

暗記でもかまいません。1週間で400個暗記

 

しようとおもっても、280個ぐらいしか暗記

 

できないかもしれませんが、それでもかまわ

 

ないです。

 

 

 

点数の変化を一度感じ取れれば、

 

どんどん気持ちが晴れてきて、やる気が増し

 

てきます。

 

 

 

自分のやっている勉強に成果を

 

感じ取ってもらうために、このやり方を

 

試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

希望ヶ丘にある個別指導塾

AO入試プロのホームはこちら

 

 

 

"『最初は7割程度の完成度』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ"について、ちょっとした疑問がわいたら、
AO入試プロの「公式LINEアカウト」から質問をすることができます。
もちろん、懇切丁寧に対応させていただきます。進路に関する相談でもOKです。
うるさい案内を流すことはありません。必要がなくなったら「ブロック」していただいても構いません。
どうぞお気軽に登録してください!
友だち追加
Copyright © AOプロ入試 All rights reserved.