『社会は前倒ししないと大変』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ

『12月に社会で手一杯になるようではバランスは崩れる』希望ヶ丘の個別指導塾ブログ

 

 

 

社会科目の取り扱い方法

 

 

 

これから夏がやってきます。

 

ですが、もう冬のことを考えた方がいい。

 

本日は社会科目に注意しながら勉強方法に

 

ついて考える話です。私立文系受験の方は

 

必見。

 

 

 

 

なにが恐ろしいかと言うと、

 

文系科目の社会の勉強ペースです。

 

たとえば、いまあなたは日本史を勉強してい

 

るとします。

 

 

 

予備校や学校でも授業があると思いますが、

 

勉強範囲が江戸時代ぐらいだったとします。

 

これだと、受験間際の12月ぐらいに戦後史

 

まで終わることになるでしょう。

 

 

 

そのポジションでははっきり言って、

 

冬に大変なことになります。もうバタバタに

 

なることは間違いありません。

 

 

 

考えてもみましょう。冬に近現代~戦後史を

 

勉強するのであれば、比較的にその範囲は

 

記憶がフレッシュな状態にあると思います。

 

 

 

そのまま受験に臨んでも十分に戦えますが、

 

古代から近世までの記憶はかなり劣化して

 

いるはず。冬には、この前半の範囲を復習す

 

る作業が残されているんですね。

 

 

 

それは大変です。文化史も勉強しなくては

 

いけませんし、史料問題もやらなくては

 

いけません。もちろん、センター試験が目の

 

前にあるので、過去問も解かなくてはいけ

 

ないのです。

 

 

 

考えるだけでゾッとしませんか?

 

たぶんこれにゾッときていないと、冬には

 

かならずそう感じるはずです。

 

 

 

そして、12月~1月ぐらいは志望校の過去問

 

解く時期になるので、まさに阿鼻叫喚の時期

 

になる覚悟をしなくてはいけません。

 

 

 

この12月に勉強のバランスを崩す現役生が

 

とても多い。浪人生はこの教訓を知っている

 

のでおなじ轍は踏まないとおもいますが…。

 

 

 

「社会の授業進度が遅いので、

 

しょうがないじゃないか!」と言われそうで

 

すが、予備校や学校のペースに歩調を合わせ

 

る必要は必ずしもありません。

 

 

 

じぶんでどんどん社会科目の進度を先に進め

 

ればいいのです。これは政経などにもおなじ

 

ことが言えます。

 

 

 

ではどうするか?

 

 

 

かんたんなことです。スタディサプリで

 

夏休み前にすべての社会科目の範囲を視聴

 

してください。ポイント「夏休み前」です。

 

 

 

そんなに前倒ししても、内容を忘れてしまう

 

のではないか?と疑問に思われそうですが、

 

これはあくまでもインプット作業なので、

 

これだけでは不十分です。

 

 

 

アウトプット作業となる、問題を解くことで

 

はじめて記憶の定着ができます。

 

社会の範囲をすべて夏休み前に終わらせる

 

ということは、もっとも重要なアウトプット

 

作業の準備をすることにあたります。

 

 

 

『12月に社会で手一杯になるようではバランスは崩れる』希望ヶ丘の個別指導塾ブログ

 

 

 

問題は解いてナンボ

 

 

 

スタディサプリの授業は事前準備だと言いま

 

した。問題はその後の演習です。

 

でも、事前準備をしていないならば、

 

問題を解くことはできません。

 

 

 

夏休み明けの9月からは、過去問を解く

 

くらいの「前倒し」をするべきです。

 

ようするに、冬に社会科目をやることは

 

「当たり前」という常識を疑ってほしい

 

ということ。

 

 

 

社会に熱中するあまりに、

 

英語などの主要科目がおろそかになる方が

 

よっぽど怖いことですよ。

 

 

 

予備校に通っていながらスタディサプリを

 

視聴することはムダにはなりません。

 

 

 

まずはスタディサプリでガンガン前に突き

 

進む。その後から予備校の授業が追いかけて

 

くることになります。

 

 

 

「あ、これ前に聞いたやつだ」と想起が

 

できれば、記憶が有機的につながります。

 

 

 

スタディサプリで予習をする。

 

予備校の授業はその復習になることで、

 

相乗効果があるのではないでしょうか。

 

 

 

「社会の予習は時間のムダ」という常識が

 

あったりもします。予備校の先生は社会科目

 

の予習を積極的にはさせたがりません。

 

 

 

それもそのはず、スタディサプリで予習され

 

たら、予備校の授業が二番煎じみたいになり

 

ますよね。好むわけありません。

 

 

 

社会の予習をすることに対してもうひとつ

 

反論があるとすれば、英語などの主要科目

 

がおろそかになるのではないか?という観点

 

です。

 

 

 

これは最初にもいったとおり、

 

わたしは受験期まじかの12月の心配をして

 

いるのです。社会の予習をしない見返り

 

として、まさに混とんとした時期を過ごす

 

ことは目に見えています。

 

 

 

12月~1月に社会の暗記科目しか勉強して

 

いないなんて、あまりにもアンバランスでは

 

ないでしょうか?

 

 

 

英語だって、古文だって、暗記の要素は

 

あるわけです。でも、社会という暗記だけに

 

熱を上げるのはあまりにも不健全でしょう。

 

 

 

「転ばぬ先の杖」をわたしは推奨している

 

のです。スタディサプリは毎月980円程度。

 

いまから利用しても7000円程度。

 

 

 

予備校の授業を取るよりもはるかにコスパ

 

はいい。もし、それでもお金が捻出できない

 

のであれば、友達のアカウントで見せて

 

もらってください。

 

 

 

友達にはあとでお礼はしましょう。

 

受験はただでさえも、直近のことしか見えな

 

くなる傾向があります。特に中期計画の立て

 

方が現役生の場合にとても弱いのです。

 

 

 

この点に十分に気をつけて勉強を進めて

 

いきましょう。ご参考にしてください。

 

 

 

希望ヶ丘にある個別指導塾

AO入試プロのホームはこちら

 

 

 

"『社会は前倒ししないと大変』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ"について、ちょっとした疑問がわいたら、
AO入試プロの「公式LINEアカウト」から質問をすることができます。
もちろん、懇切丁寧に対応させていただきます。進路に関する相談でもOKです。
うるさい案内を流すことはありません。必要がなくなったら「ブロック」していただいても構いません。
どうぞお気軽に登録してください!
友だち追加
Copyright © AOプロ入試 All rights reserved.