『映像予備校のぶっちゃけ話』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ

『受験にむけた塾えらびについて』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ

 

 

 

高校1~2ではどんな予備校えらびをすれ

 

ばよいのでしょうか。

 

これから塾えらびをする人は必見。

 

映像授業のマル秘情報も公開します。

 

 

 

 

巷には多くの映像授業の予備校が増えました。

 

東進やマナビスなのどはみなさんもご存じの

 

とおりだとおもいます。

 

 

 

予備校の選び方はどのように考えているで

 

しょう。ブランドでしょうか、それとも

 

料金でしょうか。多くの人は予備校のブランド

 

を意識する傾向にあります。

 

 

 

それもそのはずです。東進ではあれだけの広告

 

を流しているわけですから、ブランド力はそう

 

とうなものです。でも、とんでもなく料金が

 

高いのです。

 

 

 

それはマナビスもおなじ。両者の予備校に

 

通う理由は、個別対応までをフォローしてくれ

 

るわけですから、映像授業の視聴だけではない

 

とう宣伝文句が成り立ちます。

 

 

 

ここからマル秘情報を公開します。

 

河合塾のマナビスで映像授業をおこなっている

 

講師は、マナビス専用に採用された講師陣で

 

ある可能性が高いです。

 

 

 

河合塾で一線で活躍している講師陣ではあり

 

ません。言い方は悪いと思いますが、

 

二軍講師陣が映像授業をおこなっていることが

 

推測できます。

 

 

 

なぜか。それはおそらく人件費の抑制です。

 

一軍の講師陣を映像授業に出してしまうと、

 

とんでもない人件費を支払うことになるので、

 

マナビス専用の講師を採用し、人件費を抑制

 

している狙いがあります。

 

 

 

ですが、河合塾はもともとブランド力がある

 

予備校なので、それでも生徒が集まります。

 

用意されたテキストも抜群にセンスがいい。

 

 

 

もともと講師をタレント扱いしない予備校なの

 

で、一軍、二軍講師をすり替えても分からない

 

でしょう。マナビスに通う予定がある人は、

 

この点には十分に留意すること。

 

 

 

河合塾の一線でおこなわれている授業を、

 

マナビスではそのまま視聴できるわけでは

 

ありませんが、だからといって料金が安い

 

わけではありません。

 

 

 

逆にここで料金を安くしてしまうと、

 

せっかく人件費を抑制した意味がないわけです

 

から、しっかりと料金は釣り上げます。

 

 

 

コースによりますが、だいたい年間で80万ぐら

 

いは見ておいたほうが良いですよ。

 

その他に講習会などの追加もあります。

 

それを合わせると、100万はかかるかもしれ

 

ません。

 

 

 

一方で、東進は講師をタレント化させている

 

わけですから、一線の講師をそっくりそのまま

 

映像で視聴できます。この点で質が落ちること

 

は考えにくいです。

 

 

 

ですが、人件費を抑制していないので、

 

料金はとにかく高い。マナビスを超える料金を

 

覚悟する必要があります。

 

 

 

あれだけ広告を打ち、完全に一軍講師を映像

 

授業に出演させているわけですから、

 

当然と言えば、当然でしょう。

 

 

 

『高校1~2年での下準備』希望ヶ丘の個別指導塾  AO入試プロ

 

 

 

どちらの映像授業にかよっても、

 

かならず自分で演習をする時間をもうけて

 

ください。インプットに慣れると、案外、

 

アウトプットを怠る人が後を絶ちません。

 

 

 

インプットの方が楽なんです。アウトプット

 

のほうが労力がかかります。人間どうしても

 

楽な方に流れることが多いので、この点は

 

十分に意識しないと、いつのまにかどっぷり

 

インプットに浸かってしまいますよ。

 

 

 

以前、映像授業の最強のコスパは、

 

スタディサプリだと言いました。これは

 

まちがいないのです。なにせ月額980円。

 

ハッキリ言って、ぜんぜん見劣りしない内容

 

だとおもいます。

 

 

 

ですが、東進やマナビスの個別対応があり

 

ません。ですので、インプット専門の勉強

 

になりやすいのです。理解度を確認する機会

 

が減ります。

 

 

 

自習室もありません。だからその場所の確保

 

も難しいですよね。その点が唯一、スタディ

 

サプリオンリーにした場合に心配な点です。

 

 

 

ただ、東進やマナビスに高校1~2年で入ると

 

とにかく料金がとんでもないことになること

 

は間違いありません。

 

 

 

では、高校1~2年のうちにどんな下準備が

 

できるのか。

 

 

 

正しい塾えらびの方法紹介

 

 

 

おススメの方法があります。まず、

 

格安の塾に入塾してください。授業も月に

 

1コマ程度でかまいません。とにかく最小限

 

の授業数にとどめること。その1コマは苦手

 

科目がいいでしょう。

 

 

 

その塾で自習室をフル活用してください。

 

スタディサプリの弱点は自習スペースがない

 

ことから懸念されるアウトプット不足です。

 

とにかく演習時間を増やさなくては、いくら

 

料金が安くても意味がありません。

 

 

 

そのために、家から近い格安塾に入塾し、

 

最小限の授業数だけを受講して、自習室を

 

フル活用するのです。

 

 

 

ただし、ここで注意点があります。

 

その格安塾は、とにかく静かな自習室が用意

 

されていることが条件です。地元の中学生が

 

いっぱい集まるような塾ではダメです。

 

 

 

中学生が多すぎると、塾側も制御するのが

 

たいへんになるのです。

 

この条件だけをクリアすれば、この方法は

 

使えるとおもいます。

 

 

 

料金の高い映像予備校に入るのは、

 

高校3年生からが無難。そうでないとあまり

 

にも塾費がかかりすぎるからです。

 

 

 

今回紹介した方法で、高校1~2年でできる

 

受験にむけた下準備をしてみては

 

どうでしょうか。

 

 

 

希望ヶ丘にある個別指導塾

AO入試プロのホームはこちら

 

 

 

"『映像予備校のぶっちゃけ話』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ"について、ちょっとした疑問がわいたら、
AO入試プロの「公式LINEアカウト」から質問をすることができます。
もちろん、懇切丁寧に対応させていただきます。進路に関する相談でもOKです。
うるさい案内を流すことはありません。必要がなくなったら「ブロック」していただいても構いません。
どうぞお気軽に登録してください!
友だち追加
Copyright © AOプロ入試 All rights reserved.