『勉強に最適な場所はどこ?』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ

『集中できな場所にいる価値はない』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ

 

 

 

勉強に向き合うということは、大変な労力が

 

いるものです。できることならやりたくはな

 

いもの。その嫌な勉強をするスペースには

 

こだわりを持ってもいいのではないでしょう

 

か。本日はそのおはなし。

 

 

 

 

案外このような環境にかんするこだわりを

 

無視して塾選びをする受験生が多くいます。

 

入塾してから、「塾が騒がしい」という

 

クレームを言っても遅いのです。

 

 

 

騒がしい環境を激変させることは不可能。

 

そんなこと入塾する前に気がつかなくては

 

いけないのです。

 

 

 

それは環境認識が甘いと言わざるを得ない

 

でしょう。勉強する環境はとっても大事です

 

が、勉強し始めてからその環境の良し悪しを

 

品評するくらいなら、入塾する前から

 

環境認識を鋭くするべきなのです。

 

 

 

集中できる環境かどうかは、ひとによるもの

 

なので、少し騒がしいくらいのほうが好む

 

場合もあるし、逆に「無音の世界」を求める

 

ひともいます。

 

 

 

自宅の方が集中できるなら、もちろんそれで

 

もかまわないのですが、数学などのちょっと

 

した質問をしたい場合には、自宅だと不便で

 

す。なので、なるべく塾で授業のない日でも

 

自習することがベストでしょう。

 

 

 

ハイブリッド塾は高校生が犠牲になる

 

 

 

「ハイブリッド」という意味は、高校生と

 

中学生、小学生をすべて受け入れている

 

個別指導塾などです。だれが、いちばん犠牲

 

になるのかと言うと、それは高校生です。

 

 

 

考えても見てください。地元の中学生を静か

 

にさせることが簡単でしょうか。

 

 

 

地元の中学生が友達同士で入塾する。

 

当然、顔見知りのお友達同士なので、

 

塾が学校の延長線になることは目に見えて

 

いるのです。

 

 

 

わたし自身も振り返れば、とにかく学校外で

 

友達といることは楽しかった。コンビニで

 

道草するのも、あのころはとにかく新鮮なの

 

です。夜に家の外に出られるのは、中学生に

 

とっては”探検”ですよね。

 

 

 

当然、テンションも上がる。それを静かに

 

しなさい、という方がむずかしい。

 

高校生はどうか。もうそういう年頃ではない

 

ですよね。高校生がうるさい、なんて塾を

 

経験した試しがありません。

 

 

 

ですが、個別指導塾で中学生が静かだった

 

ためしはありません。わたしの経験上、

 

ひとつだけとても静かな個別指導塾があり

 

ました。そこは地元の公立中学生はほとんど

 

通いません。

 

 

 

ほとんど私立中学生だったので、

 

お互いが知り合い同士ではないのです。

 

こういうケースはとっても静かな環境です。

 

 

 

ただ、お友達同士の中学生がドカッと入って

 

くるような、地域密着型の個別指導塾は、

 

けっこう騒音環境は避けされないでしょう。

 

 

 

『環境を認識する能力』希望ヶ丘の個別指導塾  AO入試プロ

 

 

 

もう一度くり返します。入塾してから、

 

塾の環境にたいしてクレームを言っても

 

完全に遅いのです。入る前から注意しなくて

 

はいけません。

 

 

 

それは自分の環境認識にたいする感度を高め

 

ることです。自分を軸にして、勉強する場所

 

講師、教室長もふくめて、あなたにとっては

 

環境の一部なのです。

 

 

 

自分のパフォーマンスの質にこだわるなら

 

ば、環境認識のレベルを上げるべきです。

 

 

 

「家から近い」という理由だけで塾えらびを

 

する受験生が多くいます。それもメリットの

 

ひとつに違いありません。ただ、それだけで

 

選ぶことはあまりにももったいない。

 

 

 

勉強の質を上げるために塾へ行くのです。

 

家から近い場所を塾とするために、塾へ行く

 

わけではないのです。この辺にはシビアに

 

なることが「大人の選択」ではないので

 

しょうか。

 

 

 

じぶんのパフォーマンスゾーン

 

 

 

とにかく、無駄なことに神経を使うべきでは

 

ないのです。あなたのパフォーマンスが何倍

 

ものリターンになり得る学習環境を模索する

 

べきです。

 

 

 

いつ行っても自分にとってベストな環境が

 

整っているならば、その場所にお金を払って

 

いると考えてもいいはずです。

 

 

 

塾はいい授業をするだけではなく、

 

よい学習環境を提供することも付加価値の

 

ひとつなのですから。

 

 

 

なかには自習はなるべく自宅でしてほしい、

 

と公言している塾もあるようです。

 

こんな塾は絶対にえらばないこと。

 

施設使用料を支払っているにもかかわらず、

 

自習を拒否するには完全に筋違いです。

 

 

 

あなたが地元の個別指導塾へ入塾をしようと

 

考えている場合、入塾面談でかならず聞くこ

 

とは、

 

 

 

①大学合格実績

 

②生徒の構成比

 

③自習環境の有無

 

 

 

この3つをかならず質問すること。

 

面談中だけではなく、休み時間も塾に滞在し

 

てみてください。

 

 

 

自習時間でもっとも騒がしくなるのは、

 

休み時間です。自習に来ている生徒からすれ

 

ばとんでもなく迷惑な時間帯なのです。

 

 

 

だから、授業時間ではなく、休み時間も観察

 

すること。

 

 

 

すべてはあなたの将来のためです。あなたが

 

現場監督になったつもりで、

 

じぶんのパフォーマンスを高める環境を選択

 

する必要があります。

 

 

 

「環境認識」は立派な能力。どうか磨きを

 

かけてください。将来にも役立ちます。

 

今後の塾えらびにぜひ参考になれば、

 

幸いです。

 

 

 

希望ヶ丘にある個別指導塾

AO入試プロのホームはこちら

 

 

 

"『勉強に最適な場所はどこ?』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ"について、ちょっとした疑問がわいたら、
AO入試プロの「公式LINEアカウト」から質問をすることができます。
もちろん、懇切丁寧に対応させていただきます。進路に関する相談でもOKです。
うるさい案内を流すことはありません。必要がなくなったら「ブロック」していただいても構いません。
どうぞお気軽に登録してください!
友だち追加
Copyright © AOプロ入試 All rights reserved.