『文系なら漢文を勉強すべき』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ

『漢文はお得な科目』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ

 

 

 

結論から言います。

 

あなたが文系ならば漢文も勉強すべきです。

 

漢文はさほど労力がかかりません。

 

古文よりもはるかに楽ですが、センター試験

 

ではどちらも配点はおなじ。とてもお得な

 

科目です。本日は漢文のお話し。

 

 

 

 

漢文って影が薄いですよね。じぶんが受験生

 

だったときはいつ消える教科になるのか、

 

とささやかれていたほどです。

 

 

 

この漢文をさける受験生は多いのですが、

 

これはとってもお得な教科です。

 

 

 

文学部系で出題される傾向が多いのですが、

 

漢文が含まれると、その学部の倍率は下がる

 

傾向にあります。

 

 

 

どうしてもGMARCHにはいりたい。

 

興味がない文学部でも、GMARCHに合格

 

した実績を残したいと考えているひとや、

 

早稲田・上智の難関校を目指しているひと

 

にはおススメの教科です。

 

 

 

とくに上智の文学部では、いわずとしれた

 

難関大学にもかかわらず、倍率が約2倍です。

 

1人を打ち負かせばいいだけ。試してみる

 

価値はあります。

 

 

 

いまからでも間に合う

 

 

 

この少子化において、大学がいちばん懸念

 

していることは何か?それは入学者が減少

 

することでしょう。

 

 

 

なので、漢文を入れない大学が増えている

 

と考えられます。でも、さすがに文学部で

 

漢文をいれないわけにはいかない現状から、

 

入試教科になっている。

 

 

 

経済学部とかの人気って衰えをしらない

 

ですよね。総合学部とか国際学部の人気も

 

根強いです。

 

 

 

最近では「マーケティング」という横文字を

 

学科に取り入れると、人気が出る傾向にある

 

ので、キャッチコピーのようにして利用して

 

います。

 

 

 

なにか最先端の学問を研究しているイメージ

 

を受験生に与えるためでしょう。これは

 

大学が考えるマーケティングの一環です。

 

 

 

つまり、漢文を含む学部を受験するという

 

ことは、時代の流れに逆行するわけです。

 

だから倍率に差がでてくる。

 

 

 

つまり、レア教科が入るとライバル達の参入

 

を防ぐことができるのです。これほど効率的

 

なことはありません。

 

 

 

漢文にかかる労力も古文の半分以下。

 

特別に予備校で授業を取るのではなく、

 

スタディサプリの授業でじゅうぶんです。

 

 

 

現代文の点数が低迷するときがあります。

 

多少のアップダウンはあるのが現代文。

 

暗記科目ではないので、しかたがない側面も

 

あります。

 

 

 

ですが、古文と漢文はコツコツと勉強した

 

受験生が報われる教科です。つまり、保険と

 

なる教科といえます。

 

 

 

暗記科目の方が点数にしやすい。古文と漢文

 

の合計点で100点。現代文と同等の価値が

 

あるのですから、リスクを回避する意味では

 

漢文を取り入れる方がお得です。

 

 

 

『教科えらびのコツ』希望ヶ丘の個別指導塾  AO入試プロ

 

 

 

漢文の難易度は、常識の範囲内です。

 

難解な問題はなかなかでません。試しに

 

センター試験を解いてみてほしいです。

 

1~2ヶ月ぐらいでも効果は表れます。

 

 

 

現代文のコツがつかめる期間よりも短く済む

 

でしょう。現代文は成績の上がらない方法を

 

取っていると、どれだけ時間をかけても変化

 

がでません。

 

 

 

一方で、効率の良いやり方を発見できれば、

 

とにかく素早い反応をみせる教科です。

 

暗記科目ではない教科特有の現象ですね。

 

 

 

でも、漢文はやったぶんだけリターンがある。

 

しかも、暗記量は古文よりもはるかに軽量

 

なので、「保険」としては割がいいです。

 

 

 

しかも、センター出願をする場合は、

 

けっこう漢文が必修教科になっています。

 

国公立志望の受験生にとってはなんでも

 

ないかもしれませんが、私大文系の受験生に

 

とっては、漢文を勉強していないと困ります。

 

 

 

センター試験でも、じゅうぶんに合格を狙う

 

ならば、漢文はやらなくてはいけない。

 

 

 

すべての大学、学部、学科でそう言い切れる

 

わけではないのですが、センター出願できる

 

幅に余裕を持たせたいのなら必要でしょう。

 

 

 

偏差値よりも倍率

 

 

 

国公立のように、センター試験の足切りが

 

ないのであれば、たとえレベルが間に合わな

 

いとしても、倍率が低いのであれば、難関校

 

に挑戦すべきだとおもいます。

 

 

 

もしかしたら、奇跡が起きるかもしれません。

 

大学としては、一定の入学者数はほしいはず

 

です。なので合格点の基準が上がりすぎて、

 

「定員割れ」なんて事態は悪夢そのもの。

 

 

 

たまたま、その年の受験生が低い学力で

 

あった場合、あなたを救済してくれるかも

 

しれません。

 

 

 

偏差値は予備校側が模試の結果にもとずいて

 

決めているので、大学側が決められるわけ

 

ではないのです。

 

 

 

たとえば、模試で偏差値60を出したひとが

 

6割の確率でA大学に合格した場合、

 

その大学の偏差値は60となります。

 

 

 

あくまでも、模試を運営している側が

 

模試の偏差値と合否結果を追跡調査し、

 

両方がシンクロしている割合で大学の

 

偏差値を決定しています。

 

 

 

これらは模試によっても大きくことなり、

 

進研模試と河合模試の偏差値ギャップが

 

激しいことからもわかるように、

 

模試を運営している側が異なると、

 

そこに大きな変数が生まれるので、

 

受験者倍率という基準の方が参考になるので

 

はないかと思っています。

 

 

 

 

漢文という教科がこの倍率を左右する要素

 

になるのであれば、これも十分に加味して

 

取り入れましょう。いまからでも間に合う

 

のでご安心を。

 

 

 

希望ヶ丘にある個別指導塾

AO入試プロのホームはこちら

 

 

 

"『文系なら漢文を勉強すべき』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ"について、ちょっとした疑問がわいたら、
AO入試プロの「公式LINEアカウト」から質問をすることができます。
もちろん、懇切丁寧に対応させていただきます。進路に関する相談でもOKです。
うるさい案内を流すことはありません。必要がなくなったら「ブロック」していただいても構いません。
どうぞお気軽に登録してください!
友だち追加
Copyright © AOプロ入試 All rights reserved.