『自分の能力をひき算する』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ

『たし算の罠』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ

 

 

 

特別な能力がなくても、

 

高学歴があれば世渡りに苦労しない、

 

だから学歴さえ手に入れば勝ち組になれる。

 

世の中、そんな単純じゃないからこそ面白い。

 

 

 

本日はあなたが学歴の「弱者」だと勝手に

 

おもっているなら、いちど読む価値はある

 

かもしれません。「強者」だと自覚がある

 

なら読まなくても大丈夫かも。

 

 

 

 

世の中すべて学歴で判断される時代は終わり

 

つつあります。日本経済が右肩上がりの時代

 

に比べるとその価値は弱くなりつつある。

 

 

 

でも、まだまだ日本の高学歴志向は依然と

 

して残っていて、大学進学への熱は冷めて

 

いないのが現実です。

 

 

 

高学歴なんていらない、と言ったところで、

 

採用する企業側がこれを重視する以上、

 

これを無視することはできないので、

 

しかたがなくこれに価値を置かなく

 

てはいけません。

 

 

 

企業がなぜ学歴を重視するのかというと、

 

一言でいえば、それが「無難」だからだと

 

おもいます。

 

 

 

「無難」とはなにか。それは企業側にとって

 

リスクを抱えない、ということです。

 

 

 

たとえばこんなストーリーをおもい浮かべて

 

ください。Aさんは東京大学出身。一方、

 

Bさんは無名大学出身だったとします。

 

採用枠が1名ぶんしかありません。

 

 

 

一見すると、Aさんは特別な能力はありませ

 

せんが、なにしろ東京大学出身。Bさんには

 

ペルシャ語を話せる特別な能力を持って

 

いますが、無名大学出身です。

 

 

 

人事の会議で散々とどちらの人材を採用する

 

のか話し合いをしました。

 

 

 

ですが、この場合は東京大学出身のAさんが

 

採用される可能性があります。

 

なぜでしょうか?その理由はわたしなりに

 

推測するとこのようになります。

 

 

 

みんなリスクが大嫌い

 

 

 

入社後、Aさんはまったく仕事ができない

 

人物だとということがわかりました。

 

しばらくしてAさんは退社。この責任にかん

 

してふたたび人事部の会議がおこなわれます。

 

 

 

つまりAさんを採用したことはハズレだと

 

いうこと。ではなぜ、Bさんの方を採用しな

 

かったのか、という人事部の失敗が断罪され

 

る可能性が出てきました。

 

 

 

でも、Aさんの採用に失敗したことに

 

かんしての圧力はさほどではない。

 

なぜか。それはAさんが東京大学出身だから

 

です。「東大だったんだからしかたないよ」

 

ということになるでしょう。

 

 

 

つまり、「東大出身で仕事ができないなんて

 

だれも見抜けないからしかたがない」という

 

暗黙の了解が流れます。

 

 

 

一方で、これがBさんだった場合はどうなる

 

でしょう。Bさんはペルシャ語は話せるけど、

 

仕事ができなかった。その後、退社しました。

 

Bさんは無名大学出身だったので、

 

「それ見たことか!」と言われる可能性が

 

高い。

 

 

 

要するに、

 

Aさん、Bさんどちらも退社しなくいては

 

いけないほど仕事ができなくても、

 

その後の責任問題を考えると、東京大学出身

 

を確保しておいた方が、採用した側のリスク

 

が軽くなる。

 

 

 

「東京大学でダメならしょうがない」という

 

ことに落ち着きやすいからです。

 

 

 

もちろんアグレッシブな新興企業であれば、

 

Bさんのような人物を採用する可能性があり

 

ますね。ですが、伝統的な業界にいる”老舗”

 

のような企業はAさんを採用するでしょう。

 

 

 

”老舗”のような企業は、あんまり冒険する

 

意味がないのです。

 

 

 

でも、ひとつ言えることは、

 

このケースの場合、すくなくとも

 

Bさんは特別な能力をもっていることで、

 

Aさんと対等な立場に置かれたということ。

 

 

 

Bさんは高学歴ではないので、

 

「マルチプレイヤー」ではないけど、

 

「エキスパート」だという印象は確実に与え

 

られました。

 

 

 

つまり、Bさんにはアピールする特徴が

 

しっかりあったのです。見方を換えると、

 

東京大学でペルシャ語を話せるより、

 

無名大学でペルシャ語を話せるほうが、

 

インパクトはあります。

 

 

 

つまり、特徴的だという点では、

 

完全にBさんのほうが分があるという

 

ことになるでしょう。無名大学だけに、

 

ペルシャ語が話せるという特徴は、

 

より際立つ結果になります。

 

 

 

日本国旗からヒントを得る

 

 

 

ここで問題です。

 

Q.日本国旗の赤色の面積は【   】%

 

 

 

このカッコに数字を入れてみてください。

 

1000人のひとはこう答えました。

 

もっとも多かった回答は30%。

 

40%と回答したひとは2割弱。

 

50%と回答したひとは1割いました。

 

 

 

正解は、

 

A.日本国旗の赤色の面積は【 20 】%

 

 

 

正確に言うと、18.8%です。

 

案外、小さいものですね。でも、どこか

 

赤い日の丸の部分は大きく見えるのです。

 

なぜでしょう?

 

 

 

それはこうではないでしょうか?

 

赤い部分がシンプルで特徴的。それに白の

 

下地が赤い部分をクッキリと浮き立たせる

 

土台になっているからです。

 

 

 

こういうデザインだと、赤が大きく見える。

 

つまり、より特徴的な印象を与えやすい、

 

ということです。

 

 

 

さきほどの無名大学Bさんは、まさにこの

 

日本国旗に似ています。真っ白なキャンパス

 

に、ペルシャ語という能力が際立って見える

 

んですね。

 

 

 

東京大学のような有名大学は、世の中から

 

「マルチプレーヤー」の印象をもたれている

 

ものです。

 

 

 

あなたがそうでなくても大丈夫。

 

心配いりません。さきほどの日本国旗を

 

目指せばいいのです。

 

 

 

つまり、

 

「エキスパート」というポジションです。

 

 

 

『エキスパートの威力』希望ヶ丘の個別指導塾  AO入試プロ

 

 

 

あなたが「マルチプレーヤ」をえらんでも、

 

「エキスパート」をえらんでも、間違いでは

 

ありません。要するに自分の特性に合って

 

いるほうが正解だとおもいます。

 

 

 

気をつけたほうがいいのは、

 

中途半端な「エキスパート」のポジションを

 

とること。「マルチプレーヤ―」と

 

「エキスパートの」とのハーフとか、

 

微妙だとおもいます。

 

 

 

「エキスパート」は専門職です。この一点に

 

かんしては「マルチプレーヤー」に負けては

 

いけない。だから徹底的に専門性を追求しな

 

くてはいけません。じゃないと、強みが発揮

 

されないのです。

 

 

 

「マルチプレーヤー」のように、

 

「エキスパート」はいいとこ取りできないの

 

が欠点です。だからこの一点にかんする

 

執着心をもたなくてはいけない。

 

 

 

なるべく早く、あなたが「マルチプレーヤ―」

 

なのか、「エキスパート」なのかを見極め

 

ましょう。そして、もしあなたが後者である

 

ならば、はやめに「エキスパート」との訓練

 

を始めなくてはいけない。

 

 

 

とにかく早めにじぶんのポジションを確定

 

する。1万時間に達するために、早めの

 

スタートをする必要があります。

 

 

 

いま、うまくいっているひとは、

 

とにかく早めにスタートしてる。まずは、

 

時間をしっかりかけることが重要です。

 

 

 

y=ax(2乗)+b

 

 

 

「a」は才能です。

 

「x」はかけた時間。

 

「b」は経験値だと考えましょう

 

人生はこの公式をもとに考えます。

 

 

 

あなたが「エキスパート」になるなら、

 

この公式を指針にするとわかりやすい。

 

「a」の才能がなくても大丈夫。

 

 

 

肝心なのは「x」の時間です。

 

これにしっかりと2乗がかかるので「a」が

 

乏しくても問題ありません。

 

「b」はより多くの経験を積むことが大切

 

ですが、はじめのうちはしょうがないですね。

 

 

 

才能がないなら、とにかく時間をかける。

 

「下手の横好き」も徹底したらとんでもない

 

威力が発揮できます。

 

 

 

いろいろと手を出さない

 

 

 

ポイントは一点に集中しなくてはいけません

 

ね。「y=ax(2乗)+b」の公式も一点でない

 

とあてはまりません。いろいろやってしまう

 

と落とし穴にはまります。

 

 

 

「マルチプレーヤ―」ではないので、

 

いくつも手をだしてはいけない。

 

「エキスパート」は専門職がウリです。

 

だから、足し算ではなくて引き算をしなくて

 

はいけないのです。

 

 

 

いろいろやってみて、最後に残るものが

 

あなたの適性に合ったものです。最初は

 

なんでも挑戦してみる。ダメなら無理せず

 

どんどん辞める。

 

 

 

好きなことだったり、適性があることは、

 

あなたが止めたくても身体が止めさせてくれ

 

ません。天職って、そんなもんです。

 

 

 

勉強ができるとか、どうとか関係なく、

 

あなたにしかないポジションがかならず

 

あります。世の中のほとんどのひとがこの

 

自覚なくなんとなく仕事をしているんです。

 

 

 

そのためには「足し算」ではなく、

 

「引き算」の発想をもちましょう。

 

世の諸先輩方は「足し算」をススメてきます。

 

わたしはあなたに「引き算」をススメます。

 

たまにはこんなことを言う大人もいる

 

のですよ。

 

 

 

希望ヶ丘にある個別指導塾

AO入試プロのホームはこちら

 

 

 

"『自分の能力をひき算する』希望ヶ丘の個別指導塾 AO入試プロ"について、ちょっとした疑問がわいたら、
AO入試プロの「公式LINEアカウト」から質問をすることができます。
もちろん、懇切丁寧に対応させていただきます。進路に関する相談でもOKです。
うるさい案内を流すことはありません。必要がなくなったら「ブロック」していただいても構いません。
どうぞお気軽に登録してください!
友だち追加
Copyright © AOプロ入試 All rights reserved.